中型自動車について

| 未分類 |

現在の自動車運転免許制度は、平成19年の6月から続いています。法改正により現在の運転免許では、普通自動車と中型、大型に分類されることとなりました。以前は普通と大型の二区分しかありませんでした。
法改正の背景には、事故防止対策がされていたにもかかわらず、大型自動車免許で運転できる主に貨物車の重大な事故が増加するためです。

特に大型の法定点検無点検走行などによる整備不良も多く見られました。
新設された中型自動車についての運転範囲は、車両総重量が3t以上11t未満、最大積載量5t以上6,5t未満、最大乗車定員が11人以上29人以下となっています。トラックも3t以上、バスならばマイクロバス程度の大きさであれば中型免許で運転する事が出来ます。

中型が新設されたことにより、運転免許取得にはより高い運転技術が求められることとなりました。また、実技試験には路上試験も追加されました。取得に関する条件に付いても変更がされて、中型では20歳以上経験が2年以上となっています。中型の変更に伴い大型も21歳以上、経験が3年以上になりました。
最後に、法改正以前に普通自動車免許を取得した人については特別措置として法改正以前と同車両の運転範囲が認められています。免許証の標記は中型限定に限るとなっています。