大型自動車について

| 未分類 |

法律改正前の大型自動車は車両総重量が8トン以上の四輪車、最大積載量が5トン以上の四輪車、乗車定員が11人以上の四輪車となっていましたが、2007年の6月から道路交通法が改正されたために、中型免許が新しく作られたために条件が変更され、車両総重量が11トン以上の四輪車、最大積載量が6500kg以上の四輪車、乗車定員が30人以上の四輪車となりました。

これらのいずれかの自動車を運転する場合は大型免許の取得が必要になります。
大型免許を取得するためには、指定されている自動車教習所に通って卒業検定に合格する方法、または技能試験を直接受験して合格する方法によって免許を得ることができます。
大型免許の取得は普通自動車免許取得者、または大型特殊免許取得者で自動車の運転経験が免許停止の期間を除いて、通算して3年以上なければ取得することはできません。
年齢の条件もあり、一般の方であれば満21歳以上でなければ取得することはできません。
自衛官であれば、満20歳以上から大型免許を取得することが可能です。
指定されている自動車教習所に入学することは20歳でも可能ですが、仮免許の申請の時点で満21歳以上になっていなければなりません。普通自動車免許の取得と同じように、9か月以内に全教習を終了する必要があります。