日本の法律では、満18歳以上になると自動車運転免許の取得が可能となります。日本の法律で定められているのは、四輪と二輪が主なもので普段ではあまり使用しませんが特殊用途用の資格もあります。区分は第一種と第二種とに分かれていて、第二種が旅客営業目的で使用するための資格です。いわゆるプロのための資格で、取得にはより高い運転技術が求められることになります。
主として取得されている四輪の運転資格は、現在普通、中型、大型に分かれていてそれぞれに運転出来る範囲が定められています。

年齢について現在の法律では、普通が18歳以上、中型が20歳以上で運転経験が2年以上、大型が21歳以上で運転経験が3年以上となっています。旧運転資格では、普通と大型しかありませんでした。
また、運転できる範囲については普通が総重量が5トン未満、中型が5トン以上11トン未満、大型が11トン以上に限ります。乗ることができる定員は、普通が10人以下、中型が11人以上29人以下、大型が30人以上となっています。その他にも最大積載量についても規定されていて、普通が3トン未満、中型が3トン以上6.5トン未満、大型が6.5トン以上です。
このように法律により運転できる免許の範囲が定められていて、上位資格であればより高度の運転技術が求められます。