普通自動車について

| 未分類 |

昔は、普通自動車と言えばコスト面でどうしても軽自動車と比較すると見劣りするものでした。
購入価格や税金の面、さらには燃費の面でも軽自動車に負けていたのです。
ですので、保有している人は大抵ステータスとしてみなしていました。

しかし、今ではハイブリッド機構を備えた自動車も販売されるようになってきており、さらにエコカー減税などの税金面での優遇もあったので若干軽自動車にコスト面でも見劣りしなくなってきています。
トヨタのプリウスなんかは燃費もずば抜けておりさらには税金面でもかなりの優遇を受けています。
しかし、それでもガソリン車の普通車ではまだまだ軽自動車にはコスト面では勝てません。

しかも最近では軽自動車といってもデザイン面で普通車に負けず劣らずの物も販売されるようになってきておりもはや、軽自動車と普通車の境面も分らなくなってきています。
スズキのスイフトなんかはその典型的な例となります。
デザインも良く、燃費もリッター20km近くと普通車のガソリン車には総合的に勝てないのです。

しかしながら最近では軽自動車も増税の方向の動きになってきており、一概に普通車が不利であるという流れは解消されてきているようですね。