普通自動二輪車について

| 未分類 |

普通自動二輪車の免許で乗れる車種は400CC以下のバイクになります。現在ではエンジン馬力規制が撤廃されているので、これからスピードや加速にすぐれたバイクもたくさん登場してくることが予想されます。16才から取得可能で車の免許を取得するときは、学科試験は免除されます。高速道路を走ることの出来る排気量のバイクでは、高速道路での二人乗りも可能です。車種によっては大型免許を取得するまでのつなぎのような場合もありますが、ビッグスクーターのようなカテゴリーでは非常に充実しています。

このクラスの免許があれば、ツーリングなども可能ですしバイクの楽しみが非常に味わえるクラスであるといえます。免許の取得は教習所で行うのが確実です。ポイントとなるのは安定性です。

一本橋では30センチの橋の上を7秒以上かけて通過したり、坂道発進でスムーズに後ろに下がることなく発進出来るかなど、バイク特有の難しさを誇る教習があります。卒業試験は教官が減点方式で確認しながら試験を行っていきます。70点以上が合格点になります。それまでの教習がきちんとできていれば大きな問題はないですが、運転技術に自信があるのであれば運転試験場でのダイレクト試験でも取得可能です。