» 未分類のブログ記事

原動機付自転車について

| 未分類 |

原動機付自転車とは、50㏄以下のバイクを指します。略して原付と言われますが、原付免許のみならず、ほとんどの二輪関係の免許(小型限定普通二輪免許、普通二輪免許、大型二輪免許。但し、各々のAT限定の場合は、ギア操作が必要な原付には乗ることができない)を取得していれば原付に乗ることができます。勿論、普通自動車免許を持っていれば原付一種に乗ることができます。

原付免許の取得可能年齢は16才からで、運転免許センター(試験場)等での受験となります。

原付免許を取得するには、適性試験と学科試験に合格し、原付講習を受ける必要があります。適性試験は、視力検査(両目で0.5以上※メガネ、コンタクト使用可)、色彩識別検査、運動能力検査、聴力検査(補聴器使用可)です。学科試験は、交通ルールを中心とした文章問題とイラスト問題があり、90%以上で合格となります。原付講習は、3時限あり、基本操作、基本走行、安全運転の知識について学科と技能を学びます。原付免許について、一般的な常識が備わっていれば簡単に合格できる等、流布される場合もありますが、甘く見るとクリアすることができません。やはり問題集などで一通りの予習は行う必要があります。

小型特殊自動車について

| 未分類 |

バイクを運転する時には免許が必要です。免許には原動機付自転車をはじめ普通自動二輪や大型自動二輪があります。このほかにも小型特殊自動車があります。これは全長4.7m未満、幅が1.7m高さが2.8m以下の車両を言います。農業用のトラクタやコンバイン、薬剤撒布車が当てはまります。ほかにもショベルカーなどの道路工事用車両やフォークリフトがあります。免許取得条件はそれぞれの車両で異なります。

年齢は大型自動二輪は18歳以上、16歳以上はそれ以外の車両です。運転できる範囲は車両によっても異なります。大型自動二輪車はエンジンの総排気量が400ccを超えるものを言います。普通自動車と同じ走行であれば走行する事が出来ます。普通自動二輪は総排気量が50cc以上400cc未満のものを言います。普通自動二輪は、大型自動二輪同様に普通自動車と同じ速度であれば走る事が出来ます。

小型特殊は最高速度15キロ未満であれば走行する事が出来ます。原動機付自転車は、大型自動二輪や普通自動二輪に比べ総排出量の少ないものです。エンジン総排気量は50cc未満のものをさします。原動機付自転車の最高速度は、毎時30キロ未満で走行しなければいけません。

普通自動二輪車について

| 未分類 |

普通自動二輪車の免許で乗れる車種は400CC以下のバイクになります。現在ではエンジン馬力規制が撤廃されているので、これからスピードや加速にすぐれたバイクもたくさん登場してくることが予想されます。16才から取得可能で車の免許を取得するときは、学科試験は免除されます。高速道路を走ることの出来る排気量のバイクでは、高速道路での二人乗りも可能です。車種によっては大型免許を取得するまでのつなぎのような場合もありますが、ビッグスクーターのようなカテゴリーでは非常に充実しています。

このクラスの免許があれば、ツーリングなども可能ですしバイクの楽しみが非常に味わえるクラスであるといえます。免許の取得は教習所で行うのが確実です。ポイントとなるのは安定性です。

一本橋では30センチの橋の上を7秒以上かけて通過したり、坂道発進でスムーズに後ろに下がることなく発進出来るかなど、バイク特有の難しさを誇る教習があります。卒業試験は教官が減点方式で確認しながら試験を行っていきます。70点以上が合格点になります。それまでの教習がきちんとできていれば大きな問題はないですが、運転技術に自信があるのであれば運転試験場でのダイレクト試験でも取得可能です。

大型自動二輪車について

| 未分類 |

バイクを運転するには二輪車用の運転免許が必要で、排気量が50cc以下の場合には原付免許または、普通免許以上か大型特殊免許でも運転することができます。
しかし、50ccを超えるものについては、自動二輪車扱いとなるため、125cc以下は小型免許(普通自動二輪免許の小型限定)、400cc以下は普通自動二輪免許、400ccを超える場合には大型自動二輪免許が必要になります。また、原付免許以外の免許にはそれぞれオートマチック車限定免許があるので、二輪に関する免許は計7種類になり、このうち大型自動二輪車を運転できるのは大型二輪免許と大型二輪のオートマチック車限定免許になります。

二輪免許を取得するには普通二輪免許の場合は満16歳以上でなければなりません。
その他、視力・色彩識別・聴力・運動能力等の適正検査に合格すること、欠格期間が終了していること等の条件は普通免許と同じです。大型二輪免許の場合にも基本的には普通二輪と同じですが、年齢は満18歳以上であることが必要です。

かつて大型自動二輪免許は、運転免許試験場で技能試験を受けるか中型限定免許からの限定解除審査に合格する以外に取得する方法は無く、しかも合格率は10%以下などと言われる超難関でした。
ところで、2005年4月から首都高速の一部を除く高速道路で自動二輪車の二人乗りができるようになりましたが、二人乗りが可能なのは「年齢20歳以上」かつ「大型自動二輪免許又は普通自動二輪免許を受けていた期間が通算3年以上」の条件を満たしている場合に限ります。

バイク免許は「原付」「普通二輪小型限定」「普通二輪」「大型二輪」「AT小型限定」「AT限定普通」「AT限定大型」の7つの種類があります。
年齢制限は「大型二輪」「AT限定大型」が18歳以上からであり、それ以外は16歳から取得することが可能です。

原付の場合は、試験が学科のみとなっており、手軽に二輪を楽しむことができます。
原付しか取得していない場合でも排気量が50ccのMT二輪に乗車可能であるため、それらを購入することで、ギアチェンジなどMT二輪の基本的動作を学ぶことができ、クラッチ操作に慣れることができます。

「普通二輪小型限定」の場合は、排気量が125ccまでの二輪に乗ることができます。
125㏄の二輪では、自動車専用道路や高速道路に乗ることができませんが、任意保険、自賠責保険の料金が排気量の大きい二輪に比べると安く、車体も排気量の大きな二輪より軽いため、とても扱いやすくなっています。

「普通二輪」を取得した場合は排気量が400㏄までの二輪に乗ることができます。
排気量が250㏄以上の二輪は高速道路を走行することが可能です。
排気量が250㏄の二輪では車検も義務付けられてはいないため、400㏄以上の二輪と比較すると、リーズナブルであり、車種も多く人気があります。

また、普通自動車免許を取得している場合は学科が免除になります。

普通自動車について

| 未分類 |

昔は、普通自動車と言えばコスト面でどうしても軽自動車と比較すると見劣りするものでした。
購入価格や税金の面、さらには燃費の面でも軽自動車に負けていたのです。
ですので、保有している人は大抵ステータスとしてみなしていました。

しかし、今ではハイブリッド機構を備えた自動車も販売されるようになってきており、さらにエコカー減税などの税金面での優遇もあったので若干軽自動車にコスト面でも見劣りしなくなってきています。
トヨタのプリウスなんかは燃費もずば抜けておりさらには税金面でもかなりの優遇を受けています。
しかし、それでもガソリン車の普通車ではまだまだ軽自動車にはコスト面では勝てません。

しかも最近では軽自動車といってもデザイン面で普通車に負けず劣らずの物も販売されるようになってきておりもはや、軽自動車と普通車の境面も分らなくなってきています。
スズキのスイフトなんかはその典型的な例となります。
デザインも良く、燃費もリッター20km近くと普通車のガソリン車には総合的に勝てないのです。

しかしながら最近では軽自動車も増税の方向の動きになってきており、一概に普通車が不利であるという流れは解消されてきているようですね。

中型自動車について

| 未分類 |

現在の自動車運転免許制度は、平成19年の6月から続いています。法改正により現在の運転免許では、普通自動車と中型、大型に分類されることとなりました。以前は普通と大型の二区分しかありませんでした。
法改正の背景には、事故防止対策がされていたにもかかわらず、大型自動車免許で運転できる主に貨物車の重大な事故が増加するためです。

特に大型の法定点検無点検走行などによる整備不良も多く見られました。
新設された中型自動車についての運転範囲は、車両総重量が3t以上11t未満、最大積載量5t以上6,5t未満、最大乗車定員が11人以上29人以下となっています。トラックも3t以上、バスならばマイクロバス程度の大きさであれば中型免許で運転する事が出来ます。

中型が新設されたことにより、運転免許取得にはより高い運転技術が求められることとなりました。また、実技試験には路上試験も追加されました。取得に関する条件に付いても変更がされて、中型では20歳以上経験が2年以上となっています。中型の変更に伴い大型も21歳以上、経験が3年以上になりました。
最後に、法改正以前に普通自動車免許を取得した人については特別措置として法改正以前と同車両の運転範囲が認められています。免許証の標記は中型限定に限るとなっています。

大型自動車について

| 未分類 |

法律改正前の大型自動車は車両総重量が8トン以上の四輪車、最大積載量が5トン以上の四輪車、乗車定員が11人以上の四輪車となっていましたが、2007年の6月から道路交通法が改正されたために、中型免許が新しく作られたために条件が変更され、車両総重量が11トン以上の四輪車、最大積載量が6500kg以上の四輪車、乗車定員が30人以上の四輪車となりました。

これらのいずれかの自動車を運転する場合は大型免許の取得が必要になります。
大型免許を取得するためには、指定されている自動車教習所に通って卒業検定に合格する方法、または技能試験を直接受験して合格する方法によって免許を得ることができます。
大型免許の取得は普通自動車免許取得者、または大型特殊免許取得者で自動車の運転経験が免許停止の期間を除いて、通算して3年以上なければ取得することはできません。
年齢の条件もあり、一般の方であれば満21歳以上でなければ取得することはできません。
自衛官であれば、満20歳以上から大型免許を取得することが可能です。
指定されている自動車教習所に入学することは20歳でも可能ですが、仮免許の申請の時点で満21歳以上になっていなければなりません。普通自動車免許の取得と同じように、9か月以内に全教習を終了する必要があります。

日本の法律では、満18歳以上になると自動車運転免許の取得が可能となります。日本の法律で定められているのは、四輪と二輪が主なもので普段ではあまり使用しませんが特殊用途用の資格もあります。区分は第一種と第二種とに分かれていて、第二種が旅客営業目的で使用するための資格です。いわゆるプロのための資格で、取得にはより高い運転技術が求められることになります。
主として取得されている四輪の運転資格は、現在普通、中型、大型に分かれていてそれぞれに運転出来る範囲が定められています。

年齢について現在の法律では、普通が18歳以上、中型が20歳以上で運転経験が2年以上、大型が21歳以上で運転経験が3年以上となっています。旧運転資格では、普通と大型しかありませんでした。
また、運転できる範囲については普通が総重量が5トン未満、中型が5トン以上11トン未満、大型が11トン以上に限ります。乗ることができる定員は、普通が10人以下、中型が11人以上29人以下、大型が30人以上となっています。その他にも最大積載量についても規定されていて、普通が3トン未満、中型が3トン以上6.5トン未満、大型が6.5トン以上です。
このように法律により運転できる免許の範囲が定められていて、上位資格であればより高度の運転技術が求められます。